オリジナル樹脂タンク

2-01

 

2-item01_title
2-item01_img

層内に流入する水の道が出来やすくなり、未使用樹脂部分が大きく、効率が悪くなります。

 

また、使用済み層を流れていくこともあり、高い硬度の時はリークしやすくなります。

 

再生時の塩水も均質に樹脂層に触れず、より多くの塩と水と時間が必要なため、再生時間が長くなってしまいます。

2-item02_title
2-item02_img

原水は層内を均質に流れ、常に未使用層に触れていくため、樹脂層全体を効率よく使える構造になっています。

 

そのため、同じ樹脂容量の他軟水器と比べて、採水量が格段に多くなります。

 

再生時の塩水は均質に樹脂層に触れていくため、最小の塩量と時間で済ませられます。

 


▲ページの先頭へ戻る